top of page
  • SGU Tennis Academy 事務局

第3回 春の通い型ジュニア強化合宿 無事終了 

4月20日(土)・21(日)の2日間に渡って,第3回春の通い型ジュニア強化合宿が開催されました.SGUテニスアカデミーは,早いもので今年で4年目を迎えました.その4年目の第1弾として,本事業を開催させて頂きました.4年目を迎えるにあたり,初心に返るという気持ちを持って,1年目のオープニングイベントでお迎えした吉田友佳プロ,そして井上明里プロ,道慶知子プロを招聘して,2日間みっちりとご指導を頂きました.トレーニングでは,本学特任講師の図子浩太佑先生をお招きして,専門的なスプリント系トレーニングをご指導して頂きました.


1日目は,井上プロをメイン講師として,サーブ・スマッシュ練習を実施した後,ストローク動作の基本と戦術に関する練習を実施しました.低年齢のジュニアには,前後の動きを重視した練習や,深い位置からしっかりと身体を使ってボールを飛ばす練習など,手出しによる基本を重視した練習が何度も繰り返し実施されました.その中で,スタンスを広くとりながらボールを打つこと,地面を強く捉えながらボールを飛ばすことなどのアドバイスがなされました.中学生・高校生は,指定されたエリアを正確に狙う練習や,ポイント練習を時間をかけてじっくりと行いました.とにかく,ボールコントロールの精度を高めること,足を動かして,正しいヒッティングポイントに入ることなど,基本を大切にしたアドバイスがなされました.指定されたエリアに狙う練習は低年齢のジュニアにも同様に実施されました.


2日目は,吉田プロをメイン講師として,午前は精度を求めながらのラリー,球出しによる回り込みの打ち込み練習,展開を意識した打ち込み練習などが実施されました.午後からは,雨天の影響もあり,体育館での取組みとなりました.午後の部の前半は,図子先生による陸上トレーニング,スプリント系のトレーニングが実施されました.地面を強く捉えることを意識したトレーニング,ボックスやミニハードルを使った走りのトレーニングやジャンプ系トレーニングなどが実施されました.図子先生のバネのような動きに目をまるくするジュニア選手の姿がとても印象的でした.約1時間ほど,トレーニングを行った後,再び,吉田プロのもとで,とにかく,前後の動きを意識した練習が繰り返し実施されました.下がりながら打つ練習,チャンスボールからのネットプレー,ポイント練習など,前日の流れも踏まえながらの取組みとなりました.また,高いボールをしっかりと打つ方法など,吉田プロが実演しながら,一つ一つ丁寧に指導にされました.


そして,本事業の最後に,吉田プロが,現在,指導している選手の取組みについての講演をして頂きました.夢を持つことの大切さ,ヒトよりも1球でも多くボールを打つことの大切さ,エネルギッシュに取り組むことの大切さ,挑戦し続けることの大切さ,スケジューリングの大切さなど,選手が強くなるために重要なことを実体験に基づいて教えて頂きました.低年齢のジュニアから大学生まで,真剣な眼差しで聴講している姿がとても印象的でした.


今回の合宿では,2日目後半は雨に降られてしまったものの,最後まで,熱量高い取組みがなされており,吉田プロ,井上プロ,道慶プロがジュニア選手たちと精力的にヒッティングする姿や,低年齢のジュニア選手たちが球出しをしてくれる大学生やコーチたちに,「お願いします」「ありがとうございます」と元気に挨拶する姿には大変に感動しました.高校生・大学生のチームは,互いに鼓舞し合いながら,活気ある練習となり,とても良い雰囲気で様々な練習に取り組めていたように感じます.本事業では,これからも熱量ある取組みができるよう,そして,選手たちの人間性も含めたオンコートでの総合的なレベルアップが図れるよう,取り組んでいきたいと思っております.今後とも,このような充実したイベントが開催できるよう尽力して参りたいと思いますので,これからもどうぞよろしくお願い致します.






閲覧数:155回

コメント


bottom of page