• SGU Tennis Academy 事務局

第4・5回 ジュニアタフマッチ練習会 無事終了 

7月3日(土)は小学生の部,4日(日)は中学生の部のジュニアタフマッチ+打ち込み練習会を実施しました.今回は,大学生も含め,夏の大会を控えているために,少しでも多くのジュニア選手が参加できるように,年齢別に分けて2日間にわたって開催しました.梅雨時期に,天気がどうなることかと心配されましたが,2日間ともに充実したイベントを開催することができました.


小学生の部は,なんとか1日天気に恵まれたので,朝からタイムマッチを行い,その後,ひたすら打ち込み練習を実施.当初,大学生はサーブ1本というハンデを課して試合を行ってもらいましたが,ジュニアたちからは「ガチンコでやりたい!」ということで,要望があったコートではガチンコで試合.負けても負けてもトライする姿勢は素晴らしいですね.午後からは,これまで課題として挙げられていたチャンスボールの練習,「チャンスがピンチになってしまう」から「チャンスをチャンスにする」ことを目標にひたすら打ち込み練習.ここでは,コートサイズ,ネットの高さやフットワークの方法など様々な話を交えながらの取組みとなりました.最後に,チーム戦で,10球連続入るまでの打ち込みを実施しましたが,約20分ほどで,全コート目標達成.目一杯,頑張りました.


中学生の部は,朝から雨が降っていたため,体育館の中で2面のコートを使用して,前日と同様に,打ち込み練習を実施.前日に,テニスコートを作っておいて良かった.みんなボール打ちは上手です.本当に上手です.しかし,戦術や精神的要素が複雑に絡んだ状態でもその技術がどれだけ発揮できるかです.球数を増やすことはもちろんですが,クリアな状況設定をしながら,あるいは試合で使う場面を明確にイメージしながら打ち込み練習をすることが大切です.最後に,大学生と中学生とで,どちらが早く連続30球入るかを競争してもらいましたが,残念ながら,時間内にクリアできず.本来なら最後までやり切りたいところです.午後からは,天気も回復したので,タイムマッチを実施.イベント終了後も,多くのジュニアが大学生とともに居残り練習.この日も,目一杯,頑張りました.


様々な課題が浮き彫りになってきているので,少しずつ,課題設定しながら,イベント企画をしていきたいと思います.今後ともよろしくお願い致します.









145回の閲覧